鶴岡のまちを活かす・まちを創る

活動内容

  • HOME »
  • 活動内容

中間支援事業

中間支援組織とは、協働を推進する上で、市民と市民、市民と行政、行政と企業などの間に立って、そのパイプ役として中立的な立場で、それぞれの活動を支援する組織です。組織が持つ、ノウハウやネットワーク、情報などを活用した中間支援業務を行う組織として活動しております。(詳細はこちら

 

鶴岡舟番所

内川流域の環境保全および地域活性化を図るため、和舟を管理・運営する「鶴岡舟番所」を設立し、歴史的・文化的な資源の発掘と、地域のまちづくりに資する事業展開を図っております。内川流域の良好な環境を保全しながら 和舟でのゴミ拾いや『海坂の小祭り』などのイベント開催を通じ、地域の子どもたちへの学習の場として、またいろいろな世代との交流を図る場として、地域住民が川の文化的価値を高め、活用していくことを目指しております。(詳細はこちら

 

だがしや楽校・だがしや倶楽部

子どもと大人が気張らず交流ができる、それが『だがしや楽校』です。祭りの屋台形式で「趣味・特技・遊び・学び・作品」を展開する集い『だがしや楽校』が社会力を育みます。イベントでの出張開催の他、誰でも簡単にできるプログラムやよろず相談、支援なども行っています。(詳細はこちら

 

ゴミ拾いはスポーツだ!in庄内

全国各地で開催され、一番環境にやさしいスポーツとして注目されている「スポーツGOMI拾い」。これまでの「ごみ拾い」という社会奉仕活動をスポーツ(競技)に発想転換し、ごみのポイ捨てなどに対する市民の意識改革に一役買っているスポーツです。ノウハウを県内でいち早く学び、全国初の海岸での開催を行なうなど活動を続けながら、行政や地域の企業・団体との協働での企画運営をおこなっております。(詳細はこちら

 

地域の芸能・文化継承支援事業

街中パフォーマンス研究会を中心とした「まちの風情にマッチしたパフォーマンスの展開」と、街中アメニティ研究会を中心とした「鶴岡らしい風情のある祭りの展開」。既存の文化を継承しつつ、新しい風を吹き込みながら、歴史ある鶴岡の風物詩づくりの一役を担うことを目指しています。(詳細はこちら

 

コミュニティーガーデン

コミュニティガーデンとは、市民が主体となって、地域のために場所の選定から造成、維持管理までのすべての過程を自主的な活動によって支えている『緑の空間』を創出する活動をいいます。
当団体では、とぼり広場の花壇および県道鶴岡村上線(NTTから荘内病院前60メートル区間)の植栽活動などを行なっています。(詳細はこちら

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 公益のふるさと創り鶴岡 All Rights Reserved.